和婚スタイルがいいなら神前式場

日本伝統の結婚スタイル

日本では様々な結婚式のスタイルがありますが近年、注目を集めているのが「和婚スタイル」です。白無垢や色打掛といった着物を着用して結婚式を執り行います。このような着物を着ての結婚式はホテルウエディングでもできますが、より本格的な和婚スタイルの結婚式にしたいなら「神前式」がおすすめです。神前式とは主に神社で執り行う結婚式のことを言います。100年ほど前から日本で広まった結婚式のスタイルで、神社という神聖な空間で結婚式ができるとして再注目されるようになりました。神社で神前式をあげた後、披露宴をホテルで執り行うというケースも多いようです。神前式のみであれば費用は3万円から10万円とリーズナブルなのも、和婚スタイルで選ばれている理由の1つです。

神前式の魅力をチェック

神前式で和婚スタイルの結婚式を執り行う魅力として挙げられるのが、日本人としての良さを再認識できるという点が挙げられます。純白のウエディングドレスも素敵ですが、やはり日本人は着物が似合います。白無垢や華やかな色打掛といった着物を着用した女性は美しく、また厳かな雰囲気も感じられるものです。また、神社という空間での神前式はホテルウエディングや、レストランウエディングにはない奥ゆかしく、神聖な雰囲気もあり特別感を感じることができるのも魅力です。

また、神前式は新郎・新婦が一緒に行う儀式が多いという特徴もあります。2人で行う儀式が多いため、より結婚式の思い出が深まるのではないでしょうか。少し敷居が高く感じる神前式ですが、和婚スタイルの結婚式にしたいなら検討してみることをおすすめします。

結婚式を挙げるなら、三重の結婚式場はどうでしょう。三重にはパワースポットとして有名な伊勢神宮を始め、風光明媚な伊勢志摩など魅力的なロケーションがたくさんあります!お二人の新しい門出に相応しい場所です。